ゆるたらメディア|ゆるくてぐーたらなフリージャンルブログ

ゲーム

【初心者指南】アプリ『人狼ジャッジメント』で勝つコツとは?立ち回り・戦略・セオリーを紹介します【スマホゲーム】

投稿日:2018年10月24日 更新日:

どうも、管理人です!今回は今ハマっているスマホゲームアプリ人狼ジャッジメントでの役に立つ立ち回りセオリーを紹介していきます!

 

 

この記事では

 

 

各役職の特徴

 

市民陣営の立ち回り

 

人狼陣営の立ち回り

 

覚えておくと便利な専門用語

 

 

などなど、人狼ジャッジメント初心者さん向けにオンライン対戦で一般的に遊ばれているスタンダードな9人ルールでの立ち回りやコツをレクチャーできるように簡単にまとめてみます。

人狼ジャッジメントとは

人狼ジャッジメントはいわゆる人狼ゲームをチャット形式で行なうスマホアプリです。

 

 

人狼ゲームは村の中に紛れ込んだ人狼と呼ばれる敵を話し合って見つけ出すゲームで、特殊な役割を持った市民が出すヒントを頼りにして潜伏する人狼が誰なのかを推理していきます。

 

 

このゲームでは基本的に市民陣営人狼陣営の二つのチームが存在し、市民陣営は人狼を全て処刑すれば勝ち、人狼陣営は生存する人狼の数が市民陣営の生存人数と同数となれば勝利となります。

 

 

ゲームにはの時間があって、「昼」は潜伏する人狼を含めた村の人全員で人狼が誰なのかを話し合います。決められた時間内で話し合い、投票時間が来たらそれぞれが人狼と思う人物へ投票し、一番多くの票があつまった人物を処刑します。

 

 

「夜」では特殊な役職のみが行動する事ができ、市民陣営では占い師が人狼をさがし出し、人狼は市民を襲撃し村の人数を減らしていきます。この「昼」、「夜」を市民陣営または人狼陣営が勝利するまで行います。

 

 

この処刑者を決める昼時間(話し合い時間)にほぼ全ての駆け引きが詰まっていて、噓をついて市民陣営をかく乱する人狼陣営を市民陣営は誰がホンモノで誰が嘘つきなのかを推理していくゲームとなっています。

 

 

人狼ジャッジメント役職一覧

人狼ジャッジメントではさまざまな役職が存在します。人狼ジャッジメントでは自分に配役された役職をいかにうまく使いこなすことができるかが大切です。

 

 

市民陣営

市民

特殊な能力を持たないただの市民(村人)です。他の役職の話を聞きながら推理して市民陣営を勝利へ導きましょう。

 

 

占い師

夜時間に村の人を一人占うことができます。占うとその人が人狼か人狼でないかを知ることができます。占い結果を村の人たちに教えてあげて人狼探しのヒントにしましょう。

 

 

霊能者

夜時間に前日処刑された人が人狼か人狼でないかを知ることができます。結果を村の人たちに教えてあげて人狼探しのヒントにしましょう。

 

 

狩人

夜時間に村の人、一人を人狼からの襲撃から守ることができます。狩人が守った人が襲撃された場合その人は無残な死体となりません。襲撃されそうな市民陣営の人を守りましょう。

 

 

人狼陣営

人狼

夜時間に村の人を一人襲撃することできます。うまく襲撃して村の人数を減らしていきましょう。

 

狂人

人間なのに人狼の味方をする文字通り狂った人です。ただの市民なので特殊な能力は持ちませんが人狼の味方をして人狼陣営を勝利に導きましょう。

 

 

立ち回りとコツ

市民陣営は人狼を効率よく探すこと、人狼陣営はボロを出してしまわないようにうまく回りに溶け込むなどなど戦略が大切です。

 

 

市民陣営の立ち回り・コツ

市民は昼時間に発言をする事。

特殊な役職もなく発言も少ない人は村からは必要のない人(=狼かもしれない人)と認識されて処刑の対象となります。議論に参加してしっかりと推理しましょう。

 

 

占い師は二日目以降理由をしっかり書いて占うこと。

ゲーム中に占い師は本物偽者が出てくるため本物と思ってもらえるように考察しながら占いましょう。

 

 

霊能者は基本進行役になりやすいため、進行の場合ぶれないで時間内に指定をすること。

占い師と違い霊能者の偽者は出てくることが少ないので確定の市民陣営としてみんなを引っ張ってあげる必要があります。みんなの議論を聞きながらこの日に処刑する人物を選んで村の人に「○○さんを吊りましょう」と指定しましょう。

 

 

狩人は噛まれないように吊られないようにうまく潜伏が必要。

狩人の人は人狼にバレずに生き延びて多くの市民を守りましょう。狩人とバレたくないからといって黙っていると処刑されてしまうし、誰を守りたいとかどうしても生き残りたいとか喋りすぎると人狼に狙われてしまうのでほどほどに生き残る努力をしましょう。

 

 

狼陣営の立ち回り・コツ

黙っているのも発言して目立ちすぎるのも良くない。狩人の動きのように潜伏がいい。

人狼も狩人と同じで生き残りたいけどバレたくない役職です。議論には積極的に参加する必要がありますが、市民陣営に味方と思い込ませてうまく潜伏しましょう。

 

 

狂人は特殊な役職になりすまそう。

例えば初日に占い師が自己申告する場面で狂人が偽者の占い師として出れば村の人たちはどちらが本物なのか議論を始めます。見事狂人を本物と間違えてくれればジャマな本物の占い師を排除できて非常に有利な展開になります。

 

 

基本、怪しまれてる人を襲撃するよりは市民陣営と思われている人物を襲撃したほうがいい。

怪しまれている市民がいれば、その人をに使いましょう。村の人数が少なくなっていった時に人狼と間違えて投票してくれます。襲撃するのは明らかに本物の占い師や、市民陣営にとって頼りになりそうな人を選びましょう。

 

 

覚えておくべき基本用語

人狼ジャッジメントでは覚えておくべき用語が複数あります。アプリ内からも調べることができますが、複数ある用語のなかでも覚えていたほうがいいものをピックアップしました。

 

 

吊り=誰を処刑するか「誰吊?」等

 

吊位置=今日処刑したほうがよさそうな人

 

噛み=人狼の襲撃のこと「誰噛む?」「噛み先から考えて○○が怪しい」等

 

CO=カミングアウト。「占い師CO」は「私の役職は占い師です」という意味になる。その他「霊能者CO」など。

 

FO=フルオープン。全員役職を公開すること。「FOしてー」「FO推奨」もちろん人狼は潜伏しましょう。

 

=人数に対する昼時間処刑できる回数→5.6人の場合2縄 7.8人の場合3縄 9.10人の場合4縄

 

寡黙=あまり話してない人

 

村利=村の利益

 

GJ=グッジョブ 狩人が護衛成功して犠牲者がでなかった時に使う。

 

鉄板護衛=絶対この人だけ護衛して! 確定役の人以外の護衛は必要ないという時。

 

=人狼でない人(狂人もここに含まれます)

 

=人狼

 

ベグ=人狼が真の占い師と狂人の判別がついてない状態で片方の占い師を襲撃した場合「ベグだと思う」「ベグったな~」

 

決めうち=この人が占い師!または霊能!迷った時は信じて決め打とう!

 

PP=生き残った狼と狂人が力を合わせて数の力で市民を昼時間に吊ること。生存者の内訳が村村狂狼狼のようなシチュエーションになるとPPとなります。

 

RPP=狼と狂人が力を合わせて昼時間同票にすること。こちらは村村村狂狼狼の場合RPPですね。

 

指定=確定役(霊能者)の人がその日吊る人を指定するということ。

 

 

まとめ

人狼ジャッジメントのコツ市民陣営・人狼陣営の役職の特徴を覚えて使いこなす。

 

市民の人はしっかり議論に参加して狼と勘違いされないようにしよう。

 

占い師や霊能者などの特殊な役職の人はうまく進行して勝利へ導こう。

 

狩人や人狼はうまく潜伏すれば強い。

 

専門用語を覚えて周りの人の議論に付いて行くこと。

 

 

人狼ジャッジメントは複数の人物で行なう犯人探しゲームです。2つの陣営に分かれてプレイしますが、犯人を捜す側(市民陣営)も騙して隠れる側(人狼陣営)もハラハラした緊張感を持ってプレイすることができて非常に楽しめます。

 

 

やったことがない人もぜひプレイしてみてください。

 

 

また、当ブログでは人狼殺についても初心者さん向けに記事にしているので気になる方はチェックしてみてくださいね!

 

こちら→【人狼殺】初心者さん向け!Youtuberの実況プレイで話題の人狼ゲームで勝てる立ち回りとは?【スマホアプリ】

 

                           応援のプッシュを各ボタンお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

-ゲーム
-, ,