ゆるたらメディア|ゆるくてぐーたらなフリージャンルブログ

雑記

【免許更新の手順紹介】神奈川県の新・運転免許センターに行ってきました【やってみた】

投稿日:2018年10月6日 更新日:

自分は10月生まれと言うことで久々の免許証更新の時期がやってきました。今回僕は神奈川県横浜市旭区にある運転免許センターにて免許証を更新してきました。

 

 

県民から愛される(?)横浜は二俣川にある運転免許センターですが、昭和38年から使用されてきたこれまでの施設が取り壊され今年の5月に新庁舎がオープンしました。開業から半年経ったタイミングですが、この記事では

 

 

新しい施設の紹介

 

新免許センターでの更新手順

 

今回更新した感想

 

 

などを紹介してみます。

 

 

県外の方は、同じ手順で更新できるか分かりませんが(多分同じ)参考程度に読んでいただければな、と思います!

二俣川の免許センターが新しくなった

自宅へ免許更新のお知らせが到着してたのを思い出し、先日、運転免許証を更新するために、横浜の二俣川まで行ってきました。

 

 

相鉄線に乗り、最寄り駅の二俣川駅に付くと、通い慣れた(といっても5回目ぐらいかな)免許センターへと向かいました。二俣川駅北口から、足腰のよわ~い僕がちょっと根をあげるくらいの距離を歩くとその免許センターがあるのですが、行ってみるとそれが無くなっているではないか!

 

 

 

しかし・・・その反対側には・・・

 

 

 

以前の古~い建物の面影が一切ない、まったく新しい免許センターが道路を挟んだ向かい側にそびえ立っていた(?)のです。

 

 

運転免許センター 新庁舎

 

 

実際に現地に行くまでは新しい免許センターができていることをまったく知らなかったんで、新免許センターを見た瞬間ちょっとビックリしちゃいました。(ひじょ~に鈍感な僕は無駄に道路を横断してから旧免許センターが取り壊されていることに気づいて道路を横断しなおしたのはナイショだ。)

 

 

新免許センターになりココが良くなった

これまで使用されてきた旧運転免許センターは昔ながらの小学校っぽい雰囲気のある薄暗い施設で、その他にもトイレは小便器が小さかったり、和式ばかりだったり、かなり年季の入った『いかにも昭和チックな』食堂・売店などが印象的でした。(食堂・売店はその古さが個人的にはちょっと好きだった。

 

 

旧運転免許センター

 

 

↑このように常時蛍光灯めいいっぱいでも薄暗い建物でした。

 

 

新しく建てられた運転免許センターは旧施設とは対照的な、ガラスを多用した現代的でスタイリッシュな明るい施設となりました。

 

 

新運転免許センター

 

 

↑新しい庁舎はガラスが多用され日光が差し込むオシャレなデザインに。

 

 

休憩スペースには駅ビルにあるようなオシャレなカフェと高速道路SAにあるうどんとかが食べれそうな飲食店、そしてコンビニ(デイリーヤマザキ)が併設されているので、免許センターに(免許的な)用が無くても利用できそうで、実際に勉強している人もいました。

 

 

新庁舎の隣には、こちらもまだ新しくオシャレな献血場があるのですが、そちらとも調和がとれていてイイですね。

 

 

新免許センターでの更新手順を紹介

更新連絡書が自宅に届いたら免許更新に行きましょう。

 

 

発券機で申請書を発行する

免許センター入り口を入ればすぐ目の前で更新手続きができます。

 

 

まずはコンビニにあるようなタッチ操作端末で免許更新申請書を発行します。更新と失効(再交付)、2種類の並びがあるので更新用の端末で手続きをします。

 

 

端末には免許証を挿入するので並んでいる間に免許証を用意しておきましょう。免許証を挿入し第1暗証番号の変更の有無や第2暗証番号の設定をしたら、申請書と暗証番号カード(バーコードが付いたレシート)が順番に発行されます。暗証番号カードも後から使用するのでなくさないように注意しましょう。申請書を受け取ったからといって満足して次へ行かないようにしましょう!

 

 

(暗証番号カードが出る前に次へ行こうとしたのは僕です笑後ろのお兄さんが教えてくれました!ありがとう~)

 

 

証紙を購入し申請書に貼る

申請書を発行し氏名や生年月日を記入したら証紙を購入します。証紙を取り扱う窓口に並び、順番が来たら申請書を見せれば窓口の方が料金を教えてくれます。ちなみに免許更新の場合、証紙は3000円でした。

 

 

証紙を購入したら近くのスペースで申請書の証紙添付欄に証紙を貼り付けます。

 

 

適正診断を受ける

購入した証紙を申請書に貼り付けたら次は適正診断を受けます。適正診断といっても視力が悪くなってないかどうか調べる簡単なものです。運転時にメガネをかける人は検査時も使用するのでメガネを用意しておきましょう。

 

 

ちなみに僕、前回更新時に視力検査がダメダメで危ないよと言われていたので(それでも検査は通してくれたけど)今では立派なメガネマンになっています。そんな前回の検査を踏まえて今回はもちろんメガネで・・・と思ったのですが検査担当の女性に

 

 

「メガネははずしてください」

 

 

と言われたのでメガネをはずして検査を受けることに・・・

 

 

裸眼で検査した結果、ちょいちょい見えてない感じだったのでやっぱりメガネをかけて再検査かなと思ったのですが、今回は特に何も言われずにOK出ました。(お巡りさんこれでいいの・・・?)

 

 

前回の免許更新時に矯正なし(裸眼)で更新したから今回も矯正なしでいけるならそれがいいねってスタンスみたいですが、僕のケースがイレギュラーかもしれないので、視力が悪くなったかな?と思う人は更新時までに念のためメガネを用意しておきましょう。

 

 

申請窓口で申請書を提出

無事検査に通ったらあとは申請書を提出しましょう。

 

 

ここでは現在の(古い)免許証と申請書、自宅に届いた「更新のお知らせ」の手紙を用意しておきます。(手紙は家に忘れても問題ないとのこと)

 

 

申請窓口では現在の免許証・手紙と申請書に不備がないかをチェックしてもらい問題が無ければ申請書を渡され、すぐに次へ進みます。今までお世話になった免許証とはここでお別れです。お疲れ様でした。

 

 

写真撮影へ

こちらが手続き最後の工程となります。

 

 

複数の撮影機がありますが、ここでは申請窓口で指示された撮影列に並びます。窓口の方が申請書に並ぶ列を記入してくれているのでそれと同じ列に並べばOK。

 

 

この撮影では申請書だけでなく暗証番号カード(バーコード付きレシート)を使用するので用意しておきましょう。申請書を係りの方に渡して、暗証番号カードをバーコード読み取り機にセットすれば撮影開始です。一発撮りなので写りを気にする人は並んでいる間から写真撮影に備えてください(笑)

 

 

講習を受け、免許を受け取る

撮影が終わればあとは安全講習を受けるだけです。この講習では交通安全ビデオの視聴と教官の講義があり、この講習後に新しい免許証が交付されます。

 

 

安全講習にたどり着くまでに30分~1時間ほどかかるのでここにきた時には既にヘトヘトかもしれませんが、初心に帰って安全講習を受けてください。講習を無事受け終われば免許交付です。お疲れ様でした。

 

 

ちなみに僕が受けた講習室では免許の交付が呼び出し順や並び順ではなく、誕生日の末尾1ケタ順(最初は○月1日,11日,21日,31日の人、次は2が付く人。というカンジ)で、21日生まれの僕はちょっとラッキーでした(笑)

 

 

感想

今回新しくなった運転免許センターで免許を更新してみて、の感想です。

 

 

スゴいぞ新庁舎

新しくなった運転免許センターは旧庁舎の時からは比べ物にならないほど親切で、何もかもが非常に分かりやすくなってました。

 

 

勘のワルい僕だと、旧庁舎ではどこ行けばいいんだ?ってフラフラしてしまったりもしましたが、新庁舎ではそれも一切ナシ。というのもこの新しくなった免許センターでは更新工程に逆らうことができないような一本道のルートが構築されているからです。

 

 

免許センターに入ってスグ目の前に更新は直進と親切に書いてありますからそこからは迷いようがないんです。トロい僕はホント感動しました。

 

 

昨今の高齢化の闇を感じ取れた

新しい免許センターのスゴさにただ、ただ感動していられればよかったのですが、時代の闇というか、高齢化を身近に感じてやるせない気持ちになってしまいました。

 

 

免許センターには免許を取りに来た人だけでなく、僕のように免許の更新に来たひとがたくさんいます。もちろんその中には男女問わず若いひとからお年寄りまでいるワケで・・・

 

 

そのお年寄りたちがところどころで目に付く行動をしているワケです。免許が失効しているにもかかわらず更新手続きの端末に免許を差し込みまくる(その度「この免許は失効しているので・・・」と失効者の案内をしながら免許を排出します)ご老人や、窓口の女性が説明しても聞こえねーよ!と怒るご老人。そして講習中にずっと居眠りするご老人まで。

 

 

こういう目に付いてしまう老人だけが今の時代のお年寄り全てというわけじゃないのは分かってますが、こういう人でも普通に免許更新できてるんだな。と考えると路上を運転するのがちょっと怖くなりました。

 

 

まとめ

新しくなった横浜の運転免許センターは何もかもが新切

 

 

免許を持つ方なら誰もが訪れる施設がリニューアルされたのは県民にとって非常に喜ばしいことですよね。新しい免許センターでは免許の更新が施設に入り口から目の前の更新用端末へ進むだけでそこから一本道でトントン拍子に更新できます。(並ぶので時間はかかるかも)

 

具体的な更新手順はこう

タッチパネル式発券機で申請書、暗証番号カードを発行する

証紙(更新は3000円)を購入し申請書に貼る

適正診断(視力検査)を受ける

申請窓口で申請書を提出しチェックしてもらう

免許証用の写真撮影をする

講習を受ける

免許を受け取る

 

 

と免許の更新はこんなカンジ。

 

 

これから免許を更新しに行こうと思っている方の参考になれば幸いです。

 

                           応援のプッシュを各ボタンお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

-雑記
-, , , ,